HOME>アーカイブ>美しい海を巡って海の生物に出会うことができる

家族連れで参加できる

シュノーケル

家族連れに人気が高いのが、沖縄でのシュノーケルです。シュノーケルの場合、ダイビングのような酸素ボンベをせおったりする必要がないので、子供でも気軽に参加することができることが人気の理由となっています。参加費用もダイビングに比べると格段にお手頃なので、沖縄旅行中に気軽に参加することができるのです。もちろん、予め予約申込をしておくことで、余裕を持ってシュノーケルに参加することが可能です。シュノーケルに必要な用具は、すべてレンタルすることができるため、水着以外は準備するものはありません。シュノーケルではインストラクターが専属で付いて案内をしてくれます。

海の生物に出会える

シュノーケル

沖縄の海は生物の宝庫と言われていて、本土では見ることができない色鮮やかな生き物たちに出会うことができます。海は透き通っていて青々としていて、遠くまで見通すことができます。シュノーケルはそれぞれにスポットがあり、そこまで船で移動します。スポットに来たらライフジャケットを身に着けて海に潜ります。ライフジャケットを来ていることから、溺れる心配がないので安心して参加できます。そのため、子供でも楽しめるアクティビティです。

人気スポットの海を巡る

シュノーケルセット

沖縄の人気のシュノーケルスポットは、国立公園の慶良間諸島や青の洞窟です。人気スポットまでは船で移動し、そこで各自シュノーケルを楽しむスタイルです。シュノーケルのアクティビティは、ほとんど半日のツアーとなっているので、誰でも気軽に参加をすることができます。特に、慶良間諸島はウミガメの生息地ということもあり、ウミガメがゆうゆうと海の中を泳ぐ様子を間近で観察することができるので、参加希望者がとても多いです。

広告募集中